念願のマンションを購入して、恐らく最後であろう賃貸マンションを引き払う時のことです。

不動産屋さんの社員が部屋の状態を見にきました。子供がいくらか壁に落書きしたし、キッチンは油跳ねで少し汚れてたので敷金からはいくらか修繕に回されるとは覚悟していました

。実際に立ち会いの確認時にも修繕が必要と指摘された部分は壁のほんの一部とふすま3枚。まぁ、想定の範囲内でひと安心しました。

敷金は20万円払っていたので手出しはないはず。あわよくば戻ってくるかもと考えていた矢先でした。ポストに敷金だけでは修繕費が足りないから手出し20万円払えとの手紙。

つまり、修繕するのに40万円かかるということなの?文字通り目が点になりました。急いで内容を見ると、なにやらおかしなことに。

ふすまや壁紙、畳にいたる全ての箇所が総張り替えに!な、なぜ??見れば見るほど、私は怒りがこみ上げてきました。

怒りで震えながら、私はすぐに不動産会社に確認の連絡を入れようと思いました。

しかし、相手はプロ。何の知識もない私が簡単に言い負かされて20万円払わなくちゃいけないのは目に見えていたので、簡単に負けないように私は早速ネットで色々調べてみました。

すると、出てくる出てくる、結構みんな不動産会社とトラブルになってるみたいですね。

結局、泣き寝入りで相手の言うがままの人も沢山いるのが現実みたいだけど、私はどうしても払いたくない。というか、払うお金がなかったのだ。

調べると、経年劣化による修繕はマンションの大家が負担すべきものであって、借り主はただ単に傷や汚した箇所のみを替えれば良いとのこと。

近年、あまりのトラブルな多さに政府も修繕に関してのガイドラインを出しているみたいだし。調べてわかった事を全て紙に書き出し、契約書の修繕に関する箇所を何回も読んでマーカーを引き、いざ、不動産会社に連絡を入れました!

言いたい事を全て言い、汚したり傷を付けた箇所しか治しませんといい放つと意外とアッサリ「わかりました」との回答。

あまりに、あっけない展開に唖然としました。

後日、また手紙が届き、開いてみると、修繕費は17万円で20万円の敷金の残り3万は返金するとの通知がありました。

何も知らず、何も言わなければ黙って修繕費20万円を取られていたかと思うと腹立たしく、また不動産会社に対して荒手の詐欺みたいだなと嫌な気持ちになりました。